採用されるように | お金がないならセクキャバやキャバクラで頑張ってみませんか?
menu

採用されるように

赤い唇と爪をしている女性

どんなに勉強ができない人でも、夜のお店というのは入店できます。
つまり普通に就職活動をするよりも簡単なので、だったらやるしかありませんよね。

ただし、だからといって面接を受ければ100%受かるというわけではありません。
あなた次第では面接で落とされてしまうこともありえる話なので、そこは気をつける必要があります。

例えばキャバクラの面接ではいろんなことを聞かれてしまうわけですが、その中でもいくら稼ぎたいのか?という質問については気をつけた方がいいでしょう。
もちろんリアルに稼ぎたい金額を話せばいいですが、その金額が低すぎるとあまりいい印象を与えることはできません。
なぜなら、金額が少ないとあまりやる気があるように見えないからです。
この質問では一切謙虚さなんて見せる必要ありませんので、できるだけ大きめの数字を伝えておいた方がいいでしょう。
キャバクラだったら、月収100万円くらい稼げるようになりたいといっておくのが一番無難な回答になってくると思います。

そしてもうひとつ、彼氏がいるかどうかという質問もしょっちゅうされます。
彼氏がいない場合はいいですが、いる場合は注意しなければいけません。
なぜなら、彼氏がいることによって忙しい日に入ってくれないのではないか?といった不安を面接官に与えてしまうからです。
そのため彼氏がいる人は必ずたくさん働けることをアピールした方がいいでしょう。
いないと嘘をつくのもありですが、あとからバレてしまったときに「あの子は嘘をつく子なんだ」と悪い印象を与えてしまうことになります。
だから彼氏がいる人は、素直にいることを伝えてバリバリ働けるアピールも忘れずにしてほしいと思います。